電話でのご相談予約はこちら

0120-70-7000

平日9:30〜21:00 /土日祝 9:30〜18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

B型肝炎訴訟を
所沢の弁護士に相談

和解実績
17,394
獲得金額
1,663
(2012年12月~2022年12月末現在)
B型肝炎給付金診断

B型肝炎訴訟で国から給付金が支払われる理由

B型肝炎訴訟で国から給付金が支払われる理由

B型肝炎訴訟とは、過去に国が実施した集団予防接種などによってB型肝炎ウイルスに感染し、健康被害を受けた被害者が国に対して損害賠償を求める訴訟です。
日本では、昭和23年に予防接種法が施行されてから、国民・住民に対して、集団予防接種などを受けることが法律によって強制されてきました。しかし、当時の集団予防接種では、注射器(注射針、注射筒)の使い回しが行われていたのです。B型肝炎ウイルスは、血液感染するものですので、本来であれば、一人ひとり注射器を交換して予防接種を行う必要がありました。それにもかかわらず、注射器の使い回しが行われたために、B型肝炎ウイルスに多くの方が感染してしまったのです。
国は、注射器の使い回しの危険性を認識していながら、注射器の交換などの指導を徹底していませんでした。国の落ち度によってB型肝炎ウイルスに感染したにもかかわらず、国からは何の救済も行われてこなかったため、全国各地の被害者が国に対して訴訟を提起するようになりました。
その結果、国と原告・弁護団との間で和解協議が行われ、平成23年6月には、認定要件や金額などを取り決めた基本合意が成立し、平成24年1月には、「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」が施行されました。
集団予防接種によるB型肝炎ウイルス感染の可能性がある方は、B型肝炎訴訟を提起することによって、上記の特別措置法に基づく補償を国から受けられる可能性があります。お心当たりのある方はベリーベスト法律事務所 所沢オフィスまでご連絡ください。

給付金が貰える条件

豊富な解決実績

提訴実績
25,889
(2012年12月~2022年12月末現在)

所沢でB型肝炎訴訟の解決実績がある弁護士をお探しの方へ

実績の棒グラフ

B型肝炎は、医学知識が必要とされる特殊な分野です。
ベリーベストでは、解決実績のある弁護士を中心としたB型肝炎専門チームを編成しており、カルテ等の証拠収集などをサポートしております。その他、肝臓専門医療機関と連携するなど、お客さまにご負担をおかけしない体制が整っています。

巽 周平


ベリーベスト法律事務所
B型肝炎チーム リーダー
弁護士 巽 周平
(第二東京弁護士会)

所沢近隣でB型肝炎訴訟を弁護士に依頼したい方へ

所沢近隣でB型肝炎訴訟を弁護士に依頼したい方へ

所沢市およびその周辺市町村にお住まいで、B型肝炎訴訟を弁護士に依頼したいとお考えの方の多くは、「どこの法律事務所に依頼をすればよいのかわからない」ということでお悩みではないでしょうか。B型肝炎訴訟は、法律の知識だけでなく、医学の知識も必要になる分野ですので、どこの法律事務所でも対応できるというわけではありません。
ベリーベスト法律事務所では、B型肝炎訴訟の専門チームを組織しています。B型肝炎訴訟の専門チームでは、全国各地の解決事例やノウハウを共有しておりますので、訴訟提起に必要となるカルテなどの必要書類の収集から要件充足性の判断まで迅速かつ適切に行うことが可能です。また、肝臓専門医療機関との連携することによって、医学的な専門知識が必要な分野に対しても充実したサービスの提供が可能です。
過去の集団予防接種を受けたことがある方は、B型肝炎訴訟によって国から給付金が支払われる可能性があります。「自分がB型肝炎訴訟の対象者かわからない」、「何を準備すればよいのかわからない」という方でも、まずは、ベリーベスト法律事務所 所沢オフィスまでご相談ください。経験豊富な弁護士がB型肝炎訴訟の要件に該当するかどうかや給付金の支払いまでの手続きをサポートいたします。

費用

相談無料で弁護士がわかりやすくご説明いたします

相談料+調査費用+着手金=0円 相談料+調査費用+着手金=0円
成功報酬
給付金の
18.76.6万円(税込)

国が弁護士費用として給付金額の4%を別途支給します。

※弁護士費用は、給付金の18.7%+6.6万円(税込)ですが、和解後に国から支給される訴訟手当金(給付金の4.0%)を充当しますので、実質負担額は14.7%+6.6万円(税込)となります。

※弁護士費用等の記載は全て消費税額を含んだ金額です。弁護士報酬が発生した時点で税法の改正により消費税の税率が変動していた場合には、改正以降における消費税相当額は変動後の税率により計算いたします。

※事案の内容によっては上記以外の弁護士費用をご案内することもございます。

所沢でB型肝炎訴訟をお考えの方へ

埼玉県所沢市およびその周辺市町村にお住まいでB型肝炎訴訟をお考えの方は、ベリーベスト法律事務所 所沢オフィスまでご相談ください。

国内のB型肝炎の持続感染者は、110から140万人存在していると推計されています。そのうち、昭和23年から昭和63年までの間の集団予防接種などの際に、注射器の連続使用によってB型肝炎ウイルスに持続感染した方は、最大で40万人以上いるとされています。しかし、実際にB型肝炎訴訟を提起した人は、決して多くありません。

B型肝炎ウイルスの給付金の手続きをとる方が少ない理由には、給付金が支給されるまでの手続きの煩雑さにあります。B型肝炎ウイルスによる給付金は、国に対して給付金の申請をすることによって自動的に支払われるという性質のものではなく、国から給付金を受け取るためには、必ず訴訟提起をしなければなりません。訴訟提起するためには、カルテなどの証拠となる資料を収集し、訴状を作成して裁判所に提出をしなければなりませんので、被裁判手続きとは無縁な生活を送ってきた被害者の方からすると、制度自体は知っていてもなかなか踏み切ることができないという方も少なくないでしょう。

ベリーベスト法律事務所では、手続き的な負担からB型肝炎訴訟の提起を諦めてしまう方を少しでも減らすことができるように、B型肝炎訴訟を全面的にサポートしております。B型肝炎訴訟の提起にあたっては、血液検査結果やカルテなどの医療記録、母子手帳などの証拠が必要になりますが、これらの資料収集についても当事務所で対応することができるものについてはすべて対応したします。
また、集団的予防接種を実施したのは何十年も前のことであるため、これらの資料が存在しないという場合もあります。ベリーベスト法律事務所では、B型肝炎訴訟を専門とするチームを組織していますので、このような特殊な事案に関しても、代替証拠を収集するなどして対応することが可能です。全国展開する大規模法律事務所であるからこそ、豊富な解決実績を有しており、さまざまなケースでの対応を可能にしているのです。

ベリーベスト法律事務所では、B型肝炎訴訟のご依頼については、相談料、着手金、調査費用をすべて無料としております。B型肝炎訴訟の結果、国から給付金が支給された場合には、給付金から報酬金をいただくことになりますが、弁護士費用の一部として訴訟手当金も国から別途支給されますので、お客さまの経済的負担は最小限で済みます。

ベリーベスト法律事務所 所沢オフィスでは、埼玉県所沢市やその近隣にお住まいでB型肝炎ウイルスによる感染で苦しまれてきた被害者の方やご遺族(相続人)の方のために、誠心誠意対応しております。少しでも心当たりがある方は、どうぞベリーベスト法律事務 所沢オフィスまでご相談ください。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

所沢オフィスの主なご相談エリア

埼玉県所沢市柳瀬地区、所沢市松井地区、所沢市富岡地区、所沢市並木地区、所沢市新所沢地区、所沢市新所沢東地区、所沢市所沢地区、所沢市吾妻地区、所沢市山口地区、所沢市三ケ島地区、所沢市小手指地区、上尾市、朝霞市、伊奈町、入間市、小鹿野町、小川町、桶川市、越生町、春日部市、加須市、神川町、上里町、川口市、川越市、川島町、北本市、行田市、久喜市、熊谷市、鴻巣市、越谷市、さいたま市、坂戸市、幸手市、狭山市、志木市、白岡市、杉戸町、草加市、秩父市、鶴ヶ島市、ときがわ町、戸田市、長瀞町、滑川町、新座市、蓮田市、鳩山町、羽生市、飯能市、東秩父村、東松山市、日高市、深谷市、富士見市、ふじみ野市、本庄市、松伏町、三郷市、美里町、皆野町、宮代町、三芳町、毛呂山町、八潮市、横瀬町、吉川町、吉見町、寄居町、嵐山町、和光市、蕨市、東京都清瀬市、東村山市、東大和市、武蔵村山市、瑞穂町、東久留米市、小平市周辺にお住まいの方

ページ
トップへ