電話でのご相談予約はこちら

0120-49-5225

平日9:30〜21:00 /土日祝 9:30〜18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

海難事故(水難事故)問題を
所沢の弁護士に相談

こんなことでお困りではありませんか?

  • 海や湖沼、河川において、他の船舶に衝突されてケガをしてしまったので、相手方に対して治療費などの損害賠償請求をしたい。
  • プレジャーボートで事故を起こし、自分も相手方もケガをしてしまったが、相手側との交渉をどのように進めればよいかわからない。
  • 水上バイクで船と衝突し、ケガをしてしまったため仕事を休むことになり困っている。
  • 客として釣り船に乗船中、船長の操船ミスで事故が起き骨折した。後遺障害が残りそうにもかかわらず、保険会社からは治療費の打ち切りを求められてしまった。
  • ラフティング、キャニオニング、カヤックなどの体験コースに参加中、注意事項を守っていたのにもかかわらずケガをしてしまった。
ラフティング

イメージ:ラフティング

プレジャーボート、ヨット、ジェットスキーなどの船舶による海での事故は、沈没や座礁、他の船舶との衝突など、海上ならではの特性があり、ケガや船舶自体の損害にとどまらず、救助費用、衝突による相手側の船舶や積荷への損害賠償責任など、海難事故特有の事案も発生します。
またラフティングやキャニオニング、カヤックなどの河川、湖沼で行うレジャー中に発生した事故の損害賠償請求についても、運営会社や保険会社を相手にどのように交渉を進めればよいのか悩ましいものです。
べリーベスト法律事務所では、事故案件の実績豊富な弁護士を中心に、パラリーガル(法律事務員)、医療知識豊富なメディカルコーディネーターで構成された事故専門チームが、保険会社や相手側との交渉、訴訟に対応いたします。

船舶の衝突事故などの水の事故における損害賠償被請求に対応します

  • 海難事故(水難事故)事故によって、相手にケガを負わされてしまった場合の対応
  • 所有する船舶等が漁船(漁具)や商用船に損害を負わされた際の対応
  • 水のレジャー(ラフティング、キャニオニング、カヤック)中の事故でケガを負った場合の運営会社や保険会社との交渉

海難事故(水難事故)問題をベリーベスト法律事務所に依頼する6つの理由

  • 01
    事故専門チームが対応
  • 02
    全国63拠点
  • 03
    初回相談60分無料・着手金無料
  • 04
    交渉などを弁護士に全て任せられる!
  • 05
    慰謝料の増額交渉
  • 06
    後遺障害の適切な主張


所沢で海難事故(水難事故)のご相談をお考えの方へ

長瀞や荒川などでの海難事故(水難事故)でお困りの方は、ベリーベスト法律事務所 所沢オフィスにご相談ください。

埼玉県は、周囲を海に面していない海なし県ですが、秩父には、長瀞や荒川といったライン下りが有名なスポットがあります。国の特別天然記念物に指定された秩父長瀞の岩畳を眺めながらの川下りは、県内外の観光客からも非常に人気の観光スポットになっています。長瀞渓谷では、川下りの他にも、カヌーやラフティングなどを楽しんでいる方も多くいます。
このような川遊びは、海なし県ならではの楽しみ方といえるのではないでしょうか。

しかし、海でのレジャーと同様に、川でのレジャーについても水の事故に十分に気を付けなければなりません。カヌーやラフティングを楽しむ場合には、他のカヌーや船と衝突する危険性があります。また、川下りに関しても、船頭やガイドの不注意から衝突、転覆などの事故が生じることもあります。陸地での事故とは異なり、水難事故が生じた場合には、事故後の対応によっては、低体温症、呼吸困難などにより被害が拡大するおそれがあり、重篤な障害や最悪のケースでは命が奪われるということもあります。

このような水難事故(海難事故)が発生した場合には、事故に責任のある相手方、主催者、ガイドなどに対して損害賠償請求をしていくことになります。川下りなどであれば、主催者側が保険に加入していることが一般的ですので、その場合には、保険会社に対して請求していくことになります。

しかし、交通事故とは異なり水難事故(海難事故)は、どのような点に過失があったのか、どのように損害を立証していくのかなど水難事故特有の難しさがあります。相手方と交渉をしていく際にも被害者側が相手方の過失や自分自身の損害を立証していかなければならず、不慣れな方では適切に進めていくことができません。

ベリーベスト法律事務所では、事故案件についての経験豊富な弁護士を中心に「事故専門チーム」を組織して、海難事故(水難事故)の事案に対応しております。全国63拠点から日々寄せられる相談事例や解決事例を共有し、解決に至るまでのノウハウを蓄積していますので、専門的な知識が必要になる海難事故(水難事故)の事案であっても適切に対応することが可能です。弁護士にご依頼をいただければ、相手方との交渉から裁判手続きまですべての対応をお客さまに代わって行うことができますので、安心してお任せください。

「カヌー同士で接触してケガをしてしまった」、「河川で川下りをしていたら船が転覆し、障害が残ってしまった」などの事故によって損害賠償請求をお考えの方は、ベリーベスト法律事務所 所沢オフィスの弁護士にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

所沢オフィスの主なご相談エリア

埼玉県所沢市柳瀬地区、所沢市松井地区、所沢市富岡地区、所沢市並木地区、所沢市新所沢地区、所沢市新所沢東地区、所沢市所沢地区、所沢市吾妻地区、所沢市山口地区、所沢市三ケ島地区、所沢市小手指地区、上尾市、朝霞市、伊奈町、入間市、小鹿野町、小川町、桶川市、越生町、春日部市、加須市、神川町、上里町、川口市、川越市、川島町、北本市、行田市、久喜市、熊谷市、鴻巣市、越谷市、さいたま市、坂戸市、幸手市、狭山市、志木市、白岡市、杉戸町、草加市、秩父市、鶴ヶ島市、ときがわ町、戸田市、長瀞町、滑川町、新座市、蓮田市、鳩山町、羽生市、飯能市、東秩父村、東松山市、日高市、深谷市、富士見市、ふじみ野市、本庄市、松伏町、三郷市、美里町、皆野町、宮代町、三芳町、毛呂山町、八潮市、横瀬町、吉川町、吉見町、寄居町、嵐山町、和光市、蕨市、東京都清瀬市、東村山市、東大和市、武蔵村山市、瑞穂町、東久留米市、小平市周辺にお住まいの方

ページ
トップへ